勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

受取手形

[読み方]うけとりてがた [カテゴリ]流動資産
[英語]Trade notes receivable

手形とは

手形とは、券面に記載されている金額を期日になったら支払うことを表した有価証券をいいます。いったん振り出された手形は、第三者へ讓渡できるなど流通性が高いため、日常の商取引ではよく用いられています。

手形には約束手形と為替手形がありますが、会計処理上は区分しません。なお、現在流通しているものの大半は約束手形です。約束手形は、手形の振出人が受取人(名宛人)に対して支払いを約束する2者間の取引をいいます。これに対して為替手形は、振出人が支払人(名宛人)に対して受取人(指図人)に対する支払いを依頼する3者間の取引です。

受け取った手形を処理する勘定科目

通常の商取引において、売上代金や売掛代金を手形で回収し、決済期日が未到来のものを「受取手形」といいます。ただし、固定資産の売却などのように、本来の営業活動以外の取引で受け取った手形については、これと区別して「営業外受取手形」という勘定科目で処理します。

手形を受け取ったとき、受取人には次のいずれかの選択肢があります。

  1. 期日まで保有する
  2. 手形を第三者の支払いに回す(裏書手形)
  3. 金融機関で割り引いてもらう(割引手形)

上記の選択肢のうち、裏書や割引をした際には、「受取手形」勘定を使用せずに「割引手形」や「裏書手形」という勘定科目を設定し、計上する方法もあります。そのほかのケースとして、企業が一般投資家向けに発行する手形のコマーシャル・ペーパーについては「有価証券」勘定、資金調達を目的に振り出される融通手形については「短期貸付金」勘定を用いて処理します。

融通手形とは、資金繰りに困ったA社とB社が互いに商取引にもとづかない手形を振り出し、それを金融機関に持ち込んで割引く手形をいいます。

仕訳例

  1. 手形を受け取った
  2. 借方 貸方
    受取手形100,000
    売掛金など100,000
  3. 期日になったので手形を金融機関にもち込み、取立てを依頼した
  4. 借方 貸方
    預金など100,000
    受取手形100,000
  5. 土地を売却し、その代金を手形で受け取った
  6. 借方 貸方
    営業外受取手形3,500,000
    土地3,000,000
    固定資産売却益500,000
  7. A社のコマーシャル・ペーパーを購入した
  8. 借方 貸方
    有価証券2,000,000
    現金2,000,000

関連ページ