勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

支払手形

[読み方]しはらいてがた [カテゴリ]流動負債
[英語]Notes payable

支払手形とは

受取手形」とちょうど表裏の関係にあるのが「支払手形」です。「支払手形」勘定は、通常の営業取引における債務の支払いのために振り出した約束手形や、引き受けた為替手形を処理する勘定科目です。手形を振り出すということは、例えば「3ヵ月先の満期日に現金で支払う」という約束をしたことになります。期日に銀行預金に不足をきたさないよう、残高管理が重要となります。

また、1枚の手形用紙で大きなお金が動かせるため、手形管理(手形用紙の保管、記入など)には細心の注意が必要です。支払手形を期日別、銀行別に管理する帳簿を作成し、試算表の支払手形勘定と一致するように、毎月チェックする必要があります。また手形借入金も忘れずに管理する必要があります。

手形借入金

金銭の借入をする際には、借用証書に代えて約束手形を用いることがあります。発行した約束手形は実質的に借入金になるので支払手形勘定は使わずに、「短期借入金」として処理します。

仕訳例

  1. 買掛代金を約束手形で支払った。
  2. 借方 貸方
    買掛金500,000
    支払手形500,000
  3. 期日に手形が決済された。
  4. 借方 貸方
    支払手形500,000
    当座預金500,000
  5. 手形で100万円の借入をした。
  6. 借方 貸方
    当座預金950,000
    支払利息50,000
    手形借入金1,000,000
  7. 上記の手形が満期となった。
  8. 借方 貸方
    手形借入金1,000,000
    当座預金1,000,000

関連ページ