勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

受取利息

[読み方]うけとりりそく [カテゴリ]営業外損益の部
[英語]Interest income

受取利息に含まれるもの

会社は通常、資金を金融機関に預けています。当座預金のような例外はありますが、ほとんどの場合、利率と預金期間に応じて利息を受け取ることが可能です。「受取利息」はこれらの預金利息とともに、国債、地方債、社債などの有価証券利息、他の会社への貸付金利息、手形割引料などの金融資産から得られた利息を処理する勘定科目です。なお、受取利息は仕入割引と合わせて、「受取利息割引料」という勘定科目を設定することもあります。

源泉徴収は法人税の前払い

銀行などから利息を受け取る場合は、源泉所得税が15%、都道府県民税の利子割額が5%の合計20%が源泉徴収されて支払われます。これらの税金は、法人税や住民税の前払いですから、期末に税額が確定した段階で、これらの前払税金分を控除する仕組みになっています。

仕訳例

  1. 役員への貸付金100万円が利息5万円と共に返済された。
  2. 借方 貸方
    現金1,050,000
    貸付金1,000,000
    受取利息50,000
  3. 定期預金の利息10万円を受け取った。
  4. 借方 貸方
    当座預金80,000
    租税公課20,000
    受取利息100,000
  5. 定期預金100万円が満期となり、利息1万円と共に当座預金に預け入れた。
  6. 借方 貸方
    当座預金1,008,000
    租税公課2,000
    定期預金1,000,000
    受取利息10,000
  7. 利息が2万円、源泉税が4,000円であった。このとき、源泉税を法人税の前払いと考え処理した。
  8. 借方 貸方
    預金16,000
    仮払税金4,000
    受取利息20,000
  9. 上記の源泉税を法人税等(確定した税額)50万円から控除した。
  10. 借方 貸方
    法人税等500,000
    仮払税金4,000
    未払法人税等496,000

関連ページ