勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

支払利息割引料

[読み方]しはらいりそくわりびきりょう [カテゴリ]営業外損益の部
[英語]Interest and discount expense

支払利息割引料とは

金融機関などからの借入金に対する利息を支払ったときや、手形を割り引いてもらったときに金融機関に支払う割引料をまとめる勘定科目が「支払利息割引料」です。

金融機関や取引先などからの借入によって資金調達をした場合、その借入金に対する借入利息のことを支払利息といいます。

「手形売却損」は受取手形を割り引いた場合に支払われる費用で、割引日から手形期日間の利子相当分となります。つまり、手形売却損も実質的には借入金利息に他ならないため、この勘定科目で処理することができます。

支払利息割引料に含まれるもの

支払利息割引料に含まれるものとしては、次のようなものがあります。

  • 金融機関からの借入利息
  • 取引先からの借入利息
  • 当座借越の利息
  • 手形売却損

期間損益の取り扱い

利息の支払方法は、借入金の種類によって異なります。例えば手形借入は、原則として利息を前払いすることとなっているため、期末に利息の未経過分があれば、「前払費用」勘定として処理しなければなりません。

ただし、短期の前払費用となるものは、継続適用を条件として支払日に属する事業年度に算入することが認められています。

仕訳例

  1. 当座借越の利息5万円を支払った。
  2. 借方 貸方
    支払利息割引料50,000
    当座預金50,000
  3. 300万円の手形を銀行で割り引き、割引料9万円が差し引かれた。
  4. 借方 貸方
    当座預金2,910,000
    支払利息割引料90,000
    割引手形3,000,000
  5. 期中に支払った利息割引料9万円のうち3万円は翌期の分であった。
  6. 借方 貸方
    前払費用30,000
    支払利息割引料30,000

関連ページ