勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

支払保険料

[読み方]しはらいほけんりょう [カテゴリ]営業損益の部(販売費及び一般管理費)
[英語]Insurance expenses

支払保険料とは

「支払保険料」とは、事故、災害、盗難倒産などの不慮の事故に備えるための損害保険や生命保険の保険料をいいます。具体的には、社用車にかける自動車保険、火災保険、運送保険、盗難保険、養老保険、定期保険などがあげられます。

一般に、保険には死亡等により受け取る掛捨ての保険部分と、満期等により受け取る積立ての貯蓄部分があります。このうち、積立ての貯蓄部分については、預金や金融商品と同様の経済効果があるため、資産計上をする必要があります。

例えば、損害保険は、保険期間は1年で保険料は掛捨てというのが一般的です。保険期間が1年を超える契約で保険料を一括払いした場合などは、決算時に「前払費用」を計上しなければなりません。また、保険期間が3年以上で満期返戻金が支払われる契約については、支払った保険料のうち掛捨て部分のみが費用として「支払保険料」に計上し、積立保険料にあたる部分は、資産として「保険積立金」あるいは「前払保険料」に計上します。

支払保険料に含まれるもの

支払保険料に含まれるものとしては、次のようなものがあります。なお、貯蓄型の保険については資産勘定に計上する必要があります。

支払保険料損害保険料火災保険料、盗難保険料、運送保険料など
生命保険料中小企業退職金共済の掛金、養老保険料、定期保険料など

仕訳例

  1. 事務所の火災保険料2年分(10万円)を現金で支払った。
  2. 借方 貸方
    支払保険料50,000
    前払費用50,000
    現金100,000
  3. 保険料5万円(うち満期返戻金相当額2万5,000円)を小切手で支払った。
  4. 借方 貸方
    支払保険料25,000
    保険積立金25,000
    当座預金50,000

関連ページ