勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

受取配当金

[読み方]うけとりはいとうきん [カテゴリ]営業外損益の部
[英語]Dividends income

受取配当金とは

会社は余裕資金を運用するために、株式を購入することがあります。株式の購入目的は、将来の値上がりを期待するキャピタルゲインと、配当金の受取り(インカムゲイン)があります。「受取配当金」勘定は、これら株式や投資信託などによる配当金収入を処理する勘定科目です。

なお、非上場企業や信用金庫などに対する出資についての配当金も受取配当金に含まれます。また、受取配当金は受取利息と同様に源泉所得税があるため、その処理には注意が必要です。

益金不算入

会社が獲得した利益には法人税が課税され、そこから残った利益が株主に配当されます。つまり、配当金は法人税課税後の利益分配となることから、受取配当金への課税は法人税の二重課税の問題が発生します。そこで、この二重課税を排除するため、一定の要件を満たす場合には受取配当金を益金に算入しない(益金不算入)ことにしています。

仕訳例

  1. 配当金10万円を受け取った。
  2. 借方 貸方
    当座預金80,000
    租税公課20,000
    受取配当金100,000
  3. 配当金が60万円、源泉税が12万円であった。このとき、源泉税を法人税の前払いと考え処理した。
  4. 借方 貸方
    現金480,000
    仮払税金120,000
    受取配当金600,000
  5. 上記の源泉税を法人税等(確定した税額)600万円から控除した。
  6. 借方 貸方
    法人税等6,000,000
    仮払税金120,000
    未払法人税等5,880,000

関連ページ