勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

預り金

[読み方]あずかりきん [カテゴリ]流動負債
[英語]Deposits received

預り金とは

取引先や従業員から一時的に預っているお金で、短期間に返済するものを「預り金」といいます。預り金には、給与支払に際して預った源泉所得税、住民税、社会保険料などがあります。なお実務では、それぞれ独立させて「所得税預り金」、「保険料預り金」、「住民税預り金」などとすることもあります。

また、弁護士や税理士などに報酬を支払うときには、源泉徴収が必要になります。源泉徴収が必要な支払いがあったときには、下の仕訳例にあるような処理を行います(源泉徴収の必要な事業者のみ)。

預り金に含まれるもの

預り金に含まれるものとしては、次のようなものがあります。

  • 従業員などの源泉所得税
  • 従業員などの住民税
  • 従業員などの社会保険料
  • 報酬などを支払った時の源泉所得税

仕訳例

  1. 従業員の給与20万円を支払う際に、源泉所得税26,500円、住民税5,000円、社会保険料9,500円を給与から天引きし現金で支払った。
  2. 借方 貸方
    給料手当200,000
    現金168,500
    預り金31,500
  3. 上記の源泉所得税と住民税を、現金で納付した。
  4. 借方 貸方
    預り金31,500
    現金31,500
  5. 税理士への報酬10万円(消費税8,000円)から源泉所得税を天引きし、9万2,000円を支払った。
  6. 借方 貸方
    支払手数料102,000
    預り金10,000
    現金92,000
  7. 上記の源泉所得税を現金で納付した。
  8. 借方 貸方
    預り金10,000
    現金10,000

関連ページ