勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

売上原価

[読み方]うりあげげんか [カテゴリ]営業損益の部(売上原価)
[英語]Cost of sales

売上原価とは

販売業などでは、商品を仕入れて、それに利益を乗せて販売します。このときの仕入は、売上原価を計算する際のもととなるものといえますが、両者は必ずしも一致するとは限りません。

「売上原価」というのは、商品や製品を販売したり、サービスなどを提供したとき、その期の売上高に直接対応している原価を指します。期末に残ってしまった商品や製品などは棚卸資産として貸借対照表に計上されるため、調整作業が必要になります。

売上原価を求める

売上原価の求め方は、業種によって若干異なります。販売業の場合には、

売上原価 = 期首棚卸高 + 当期商品仕入高 - 期末棚卸高
を計算して求めます。

それに対し製造会社では、次のようになります。

当期の仕入高 = 当期製品製造原価

いずれにしても、この売上原価を正しく計算するためには、期首、期末の棚卸高を正しくとらえることと、仕入高が期間的に正しく集計されているかがポイントとなります。

売上原価の表示方法

売上原価は、損益計算書では売上高の次に表示します。

株主総会に提出する決算書では、売上原価としてまとめて表示してもかまいませんが、上場会社が作成する有価証券報告書などでは、期首商品棚卸高、期末商品棚卸高、当期仕入高など、売上原価の内訳項目を区分表示しなければなりません。

なお、建設業においては、売上原価に代えて「完成工事原価」という勘定を用いることがあります。

関連ページ