勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

資本金

[読み方]しほんきん [カテゴリ]資本
[英語]Capital stock

資本金とは

「資本金」とは、出資者より集められた出資金を基礎として設定される一定の額をいいます。株式会社の場合は株式の発行により集めた資金となります。

商法では、発行済株式の発行価額のうち、2分の1以上を資本金として組み込まねばならないと定めています。なお、資本金としなかった金額については、株式払込剰余金として「資本準備金」勘定で処理します。

資本金が増加するケース

株式会社の資本は、通常の新株発行、利益の資本組入、準備金の資本組入、転換社債の転換などにより増加します。このうち、代表的な通常の新株発行には株主割当、第三者割当あるいは公募があります。

いずれの形態にしろ、会社は出資の募集をして払込みを受けた場合は「新株式申込証拠全」勘定で処理し、払込期日に「新株式払込金」勘定に振り替え、そして払込期日の翌日に「資本金」勘定に振り替えます。

資本金が減少するケース

資本金が減少するケースには次の2種類があります。ひとつは実質的減資で、会社規模を縮小させるための減資です。余裕資金を株主に対して払い戻すことになるので、会社の純資産が減少します。もうひとつは形式的減資です。これは会社の欠損金を補填するための減資であり、前者のように株主に対する金銭の支払いはありません。

仕訳例

  1. 新株式の払い込みを受けた(払込日)。
  2. 借方 貸方
    当座預金10,000,000
    新株式申込証拠金10,000,000
  3. 増資の効力が発生した(払込翌日)。
  4. 借方 貸方
    新株式払込金10,000,000
    資本金10,000,000
  5. 株主総会において、500万円の減資を行い、株主に払い戻すことが決議された。
  6. 借方 貸方
    資本金5,000,000
    資本剰余金5,000,000
    資本剰余金5,000,000
    未払金5,000,000
  7. 資本準備金1,000万円を資本金に組み入れた。
  8. 借方 貸方
    資本準備金10,000,000
    資本金10,000,000
  9. 繰越欠損を補填するため減資を行った。
  10. 借方 貸方
    資本金10,000,000
    繰越欠損金8,000,000
    減資差益2,000,000

関連ページ