勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

資本準備金

[読み方]しほんじゅんびきん [カテゴリ]資本
[英語]Capital reserve

資本準備金とは

「資本準備金」とは、株式発行によって得た株主からの出資金のうち、資本金に組み入れられなかった部分の金額が積み立てられたものをいいます。株式払込剰余金(株式の払込金額と資本金との差額)、合併差益(合併により承継した純資産が合併にともない増加した資本金の額を超える場合その超過額)などが、資本準備金として積み立てられます。

なお、企業会計原則では資本準備金も含めて広義の資本剰余金としています。この場合、資本剰余金は資本準備金や、その他の資本剰余金で構成されます。また、減資差益(減資により減少した資本金の額が株主などへの払戻額などを超える場合の超過額)や、固定資産の評価替差益(ただし土地、有価証券を除く)などがあるときには、その他の資本剰余金の中に含められることになります。

資本準備金の取崩し

資本準備金は、原則として資本に組み入れる場合と損失の補填にあてること以外には使用することができません。

資本に組み入れた場合は、資本組入額を財源として、無償で新株を発行することが可能です。これは取締役会の決議によります。

仕訳例

  1. 資本準備金100万円を資本金に組み入れた。
  2. 借方 貸方
    資本準備金1,000,000
    資本金1,000,000
  3. 会社設立にあたり、払込金1,000万円の2分の1を資本金に組み入れた。
  4. 借方 貸方
    当座預金10,000,000
    資本金5,000,000
    株式払込剰余金5,000,000
  5. 繰越欠損を補填するため減資を行った。
  6. 借方 貸方
    資本金10,000,000
    繰越欠損金8,000,000
    減資差益2,000,000
  7. 資本準備金を取り崩して株主に配当をした。
  8. 借方 貸方
    資本準備金15,000,000
    資本準備金減少差益5,000,000
    資本準備金減少差益15,000,000
    未払配当金5,000,000

関連ページ