勘定科目リファレンス

簿記会計の勘定科目に関する用語解説を仕訳例とともに掲載しています。

売掛金

[読み方]うりかけきん [カテゴリ]流動資産
[英語]Accounts receivable

売掛金とは

商品の販売やサービスの提供などの営業取引において、継続的に取引があるような場合では、その都度現金を受け取る方法(現金売り)ではなく、あらかじめ支払時期などを取り決めておき、まとめて受け取る方法(掛売り)が一般的に行われています。このとき、売手が買手に対して持っている営業上の債権のことを「売掛金」といいます。ただし建設業の場合には特別に、「売掛金」勘定ではなく「完成工事未収入金」勘定を用います。

売掛金は、発生した時点で計上されます。商品や製品の販売代金であれば納品した時点で、運送業などのサービス業であれば、サービスが完了した時点で計上されます。また、後日返品があったとき、あるいは値引きがあって売上が減るときには、その時点で売掛金を減らす処理をします。

なお、回収までに1年を超えるものであっても得意先に対する営業債権であれば、売掛金として貸借対照表の流動資産に記載します。しかし、相手が破産して1年以上たたないと払ってもらえないことが明らかな場合には、固定資産の「投資その他の資産」の1項目である更生債権などとすることもできます。

まぎらわしい勘定科目

実際の取引では、代金の一部を前もって受け取ることもありますが、この場合は「前受金」勘定となり、「売掛金」勘定は用いません。

また、営業目的以外の債権(固定資産など)を譲渡し、その代金を受け取っていないというような場合には、「未収金」勘定(または「未収入金」勘定)で処理します。

売掛金にならないケース

以下のようなケースでは売掛金とはならないので、注意が必要です。

  1. 備品を売却したが、その代金をまだ受け取っていない
  2. 従業員に社宅を提供しているが、まだその家賃を受け取っていない
  3. 保険会社から支払われる保険金など
  4. 資産としてもっている他社の株式を売却したが、その代金をまだ受け取っていない
  5. 商品を販売するにあたり、代金の-部が前払いされた

仕訳例

  1. 商品を販売したが代金はまだ受け取っていない
  2. 借方 貸方
    売掛金100,000
    売上100,000
  3. 後日その代金が支払われた
  4. 借方 貸方
    現金など100,000
    売掛金100,000
  5. 商品を販売したが後日返品があった
  6. 借方 貸方
    売上90,000
    売掛金90,000
  7. 商品を販売したが後日値引きをした
  8. 借方 貸方
    売上90,000
    売掛金90,000

関連ページ